コンテンツ

見えない場所が多い水道配管の修理

水道の配管は、見える場所と見えない場所が出てきます。水道本管から引きこまれてきますが、地中などに埋め込まれているため、すぐにはわかりません。家庭の中でも壁や床の下にあればわかりませんが、大きなトラブルを起こせば、すぐにでも水道 評判の良い業者に依頼して修理をしなければいけません。

■外部には見えない配管

水道の管は、できるだけ長く使えるように設計されているものを使います。同じく耐久性の高い部品が使われますが、いつでも問題なく使えるとは限りません。強い力がかかり耐えきれずに割れてしまうことも出てくるからです。水が噴き出すような状況も生まれるため、早めに修理しないと大きな被害を発生させてしまいます。
水道配管は、外部に露出させないことで守られている部分もあります。地中などにあれば、上から力がかかっても、分散することができるからです。守るためとは言え、見えない場所になるため、土が濡れているといった状況で判断しなければいけません。水がどこかに流れ出し、周りの土も巻き込んで陥没するようなことも起きます。

■気温が下がり凍結する

水道の配管が凍結してしまうこともあります。水が凍結すると体積が増える状態が大きな問題です。凍結する力は強く、水道配管が耐えきれずに割れてしまうことが出てきます。地中にあることで、気温の変化から守られやすくなりますが、それでも凍結する場合があります。凍ってしまえば水は使えなくなりますが、配管には強い力がかかっている状態のため、自然に溶けるのを待つしかありません。仮に外部に配管がある場合でも、お湯をかけたりするのは非常に危険です。凍結して膨張しているものに急激な温度変化を与えると、熱による膨張も働き水道管を壊してしまう原因を作ります。被害を余計に広げるため、注意しなければいけません。

■まとめ
配管が割れてしまえば、水が流れ出してしまいます。凍結したりしないように断熱材をまくなどの措置もとられていますが、気温が想定以上に下がるときには、わずかに水を流しておくなどの対応をしておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ