コンテンツ

水道もつながっている給湯器の修理

日常生活を豊かにしてくれる設備はいろいろとありますが、給湯器は欠かせないものになってきています。お湯が出る利便性の高さを支えている根幹ともいえますが、壊れないものではありません。

■給湯器は複雑な機械

給湯器は、水道から水を供給して、温めて送り出します。構造的に複雑で、複数のエネルギーを必要とする装置です。電気も使えばガスを燃やして水を温めたりするため、故障しても簡単に修理ができません。給湯器 修理は素人では難しい範囲になるため、専門業者に依頼して点検しなおす必要があります。
普段から目にしていれば、細かな異変にも気がつきますが、給湯器は室内からは目につかない場所に設置されることが多くなります。異常が出ても気がつかないケースも多いため、お湯が出なかったり、温度が正しくなかったりすることで故障に気がつくことが多い設備です。できるだけ定期的にみて回ることが必要です。

■交換する時期もやってくる

給湯器の故障はいろいろとありますが、水漏れしていることに気がついて修理するケースが多くみられます。細かな部品が多く、配管が接続されているところにはゴムのパッキンなどが使われているためです。どうしても劣化してしまう部品で、それに伴い交換も必要になります。
部品が手に入る間は修理ができますが、いずれメーカーはパーツの生産をやめる時期がきます。生産開始から10年程度で終了するため、設置から7年程度で手に入りづらくなります。修理もできなくなる時期にあたるため、交換も視野に入れておけばいいでしょう。

■まとめ
給湯器は便利なだけに、使えなくなると生活に大きな影響を与えます。異常を見つけたときには、使用をやめて水道自体も止めて修理の依頼をすることが大切です。素人では判断できないことも多いため、無理して分解したりするのは危険なためやめましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ