コンテンツ

水道の修理は止水栓や元栓を閉めてから

水道は圧力をかけて本管に送られ、それを分岐して家庭で利用しています。圧送しているからこそ、蛇口をひねるだけで水が出てきて使えます。トラブルを抱え故障したときには、この圧力が邪魔してしまうため、止めなければいけません。

■水が流れてこないように

水周りのトラブルが起きたときに、一番の問題は水が流れ出すことです。水が流れなければ、使えないだけの状態であり被害は拡大しません。修理をするとしても、この状態にすることから始める必要があります。圧力がかかったままでは、部品を外せば飛んでしまう危険性が出てきますし、水圧に耐えながら作業しなければいけません。修理に支障をきたすため、止める必要が出てきます。
水を止めるためには、2つの方法があります。設備ごとに取り付けられている止水栓を閉める方法と、根本的に水の供給を遮断する元栓を閉める方法です。どちらも閉めてしまえば設備に水が流れなくなり、被害の拡大を抑えられます。

■止水栓や元栓を閉める

止水栓は、設備ごとに取り付けられています。水道の配管をたどっていくと見つけることができますが、中には取り付けられていない設備もあるため、事前に確認が必要です。専用の工具は必要ない場合が多く、マイナスドライバーなどでも止められます。
止水栓が見つからない場合などでは、本管からつながる元栓を閉めます。家の中の水はすべて止まりますが、確実に供給の遮断ができる方法です。家の中に置かれていることはまずなく、外部にメーターと一緒にセットされています。検針するためにわかりやすく色がついた鉄のふたなどがあるため目印になるでしょう。元栓を閉めさえすれば、管に残った圧力だけですので、蛇口を開ければそれ以上流れてきません。

■まとめ
止水栓や元栓は、どこにあるのか知らなければ使えません。止水栓の場合には、固着して閉まらない場合もあるため、平時に確認しておくことも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ