コンテンツ

水道修理の中でも頻度が高い蛇口からの漏水

普段から水道を使えるのは、蛇口などの装置を取り付けているからです。圧力をかけて送られてくる水を使うためには、調節しなければいけません。使用頻度が高いからこそ、注意も必要です。

■消耗品のパッキン

蛇口はとても便利で、必要な量の水を水道管から出すことができます。その圧力から耐えるための設計をされていますが、細かな部品も使われており、水道周りの中ではかなり複雑な造りです。
ゴムのパッキンなどは、水に触れているだけで劣化します。時間がたつだけでも弾力性が失われていきますが、いずれ交換しなければいけない部品です。隙間ができないようにするために必要で、劣化が進むと漏水してしまいます。消耗品として考えられており、賃貸住宅の契約の中には、自分で交換することを定めている場合もある部品です。家庭でも日常的に使える道具で解体して修理できるため、そこまで難しいものではありません。

■蛇口本体の交換も必要になる

細かな部品で作られているうえに、蛇口は使用頻度の高い場所です。いろいろな場面で利用する機会が多いからこそ、蛇口を取りつけ便利に利用できるようにしています。ネジ山などもつけられ、簡単に使えるようになっていますが、使えば使うだけ疲労していくのは避けられない点です。摩耗も進み隙間ができるようになれば、パッキンとは異なる原因で漏水していきます。レバーやハンドル、ナットの隙間といったところから水漏れしてきたら、修理ではなく本体が限界を迎えていると考えられます。蛇口 交換の時期でもあり、早めに検討した方が良いでしょう。

■まとめ
蛇口も永遠に使えるわけではありません。いずれ壊れてきてしまうため、パッキンを交換しても水漏れが止まらないときには、蛇口の交換も検討しましょう。自分でできないときには、専門業者に依頼して交換するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ